「デザイン型」の人材になるために