自由が丘校で代表竹林が講演を行います~プログラミング教育の現在と今後~

  • -

自由が丘校で代表竹林が講演を行います~プログラミング教育の現在と今後~

2018年2月3日、弊社代表の竹林がプログラミング教育の現在と今後に関する講演を行います。
これからのプログラミング教育の必要性に関してご説明します。ぜひお越しください。


プログラミング教育の現在と今後~親はどうするべきか~

講演者

竹林 暁

内容

2020年からプログラミングが小学校で必修化される背景には、社会の変化があります。まず、その社会の変化があるためにプログラミングをまなぶ必要があるということを説明します。次に、プログラミングがどのように他の科目と違い、どんな可能性があるかをお話します。プログラミングは自分一人で学習可能なため、アクティブラーニングと呼ばれる新しい時代の学び方が可能になっています。アクティブラーニングへの保護者の関わり方を提案します。

開催日

2018年2月3日(土)
15:00 ~ 16:30

場所

よみうりカルチャーセンター自由が丘

詳しくはこちら

受講料

1,080円


竹林 プロフィール

概要

ICT/プログラミングスクールTENTOの共同創立者・代表。長野県木曽郡出身。東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻にて認知言語学を学ぶ。教育者として、プログラマーとしてまた認知研究者としてプログラミング教育の未来を常に考えている。

プロフィール

竹林 暁(たけばやし あきら)

  • 株式会社TENTO代表取締役社長
  • プログラミングスクールTENTO共同設立者

著書

  • ラトルズ「12歳からはじめるHTML5とCSS3」2013
  • インプレス「できるシリーズ:親子で一緒に学ぶScratch」2017
  • ラトルズ「12歳からはじめるJavaScript」2017

講演など

  • 2015年2月
    情報処理学会のソフトウェアジャパン2015
    「楽しくプログラミングをまなぶために」
  • 2015年10月
    インプレス出版記念セミナー
    「プログラミング教育の理想と課題」
  • 2015年11月
    Education Day
    「Minecraftを使用したプログラミング教育」
  • 2016年5月
    日本科学未来館シンポジウム
    「ゲームってなんでプログラミング!?」
  • 2016年6月
    日本女子大学情報科学コースゲストスピーカー
    「小学生のプログラミング教育を通して考える~これからの時代を生きるヒント~」